印象が良い婚活の言い回し
ホーム > > 個人信用情報にはどんな情報が書いているの?どこで確認できるの?

個人信用情報にはどんな情報が書いているの?どこで確認できるの?

カードローンに申し込みをする場合、業者は必ず個人方法を閲覧します。 現在カードローンなどに関しての個人情報を扱っている業者は3社あります。 全国銀行個人信用情報センター/KSC(信用信組)、(株)シー・アイ・シー/CIC(クレジット会社)、(株)日本信用情報機構/JICC(消費者金融)になります。 カードローンの申し込みがあった場合、業者はいずれかの団体に個人情報を確認して、その人に返済能力があるかどうかなどの審査基準にします。 これは自分自身の信用情報を確認する事もできます。 情報開示の条件や確認方法は各団体によって違います。 全国銀行個人信用情報センターの場合は、郵送のみなので手数料1,000円を支払い自宅に送ってもらえます。
シー・アイ・シーの場合は、インターネット・携帯電話・郵送・窓口のいずれかを選べますが、窓口のみ500円でその他の方法は1,000円の手数料がかかります。 日本信用情報機構は携帯電話・郵送・窓口のいずれかで、窓口が500円、その他は1,000円の手数料が必要です。 本人が申し込む場合は運転免許証やパスポートなどの身分証明証も必要です。 業者以外の第三者(弁護士や代理人)が申し込む場合は、本人の身分証明の他に間柄を証明するものや印鑑登録、委任状などが必要になります。 どこの機関でなにが必要なのか、どのように情報開示できるのかは、各団体のホームページでも詳しく紹介されていますし、電話等でも問い合わせができます。 種類の異なるカードローンの場合は各団体に開示請求します。 詳細はこちら(⇒カードローンおすすめcheck※初心者でも安心の借入先はココ)のサイトで知ることができます。