印象が良い婚活の言い回し
ホーム > 注目 > 1回戦から優勝候補対決!ユニフォームはだれが作ったの?

1回戦から優勝候補対決!ユニフォームはだれが作ったの?

高校野球大会4日目の第2試合は秀岳館高校対横浜高校の優勝候補対決。初戦にして決勝戦のような雰囲気での試合開始でした。
秀岳館高校は昨年春から3季連続のベスト4と今一番勝利を稼いでいる高校で超高校級の左腕2枚看板で有力な優勝候補です。対する横浜高校は最も有名な高校野球のチームといっても過言ありません。何しろ出場するたびに優勝候補に挙げられます。

当然神奈川には強豪が多く毎年桐蔭学園、日大藤沢、桐光学園、そして2年前の優勝校東海大相模がいる中を勝ち上がって来なければならず、そこで代表を勝ち取っているので当然だと思います。試合は初回から秀岳館が圧倒的に攻めまくり、横浜は完全に防戦一方でした。そして5人の投手でリレーで何とか6失点で防ぎ、終盤に秀岳館の継投のスキをついて一発を放ち6-4と迫り最後は緊迫の展開になりましたが、秀岳館がそのまま逃げ切り2回戦進出しました。

落ち着いた戦いぶりで強さを見せつけた秀岳館に対し、目先を変える継投で選手層の厚さを武器に戦い最後はパワーで追い上げる横浜。それぞれの強さを見せつけられた好勝負でした。
そして、気になったのがユニフォームを誰がつくったかです。
私が持っているアイシンミシンでもあそこまでのユニフォームを作ることができるか挑戦してみたいです。→アイシンミシンならこちらから